(全て教えます)コーヒー豆販売開始までのロードマップ

副業

こんにちわ!
コーヒー豆売りながら会社員しているmkです。

 

今回の記事では、
「コーヒー豆の販売の始め方」
について詳しく解説していこうと思います。

というのも、コーヒー豆の販売までの方法は、ぼくがこのブログで
パラパラと書いてるのですが、情報が散らばっており、
自分でも読みづらく感じたので、今回この記事に全てを集約することにしました。

これからコーヒー豆の販売を始めようと思っている方は、
こちらの記事を参考にしていただくだけで、スムーズにスタートを
切れるはずですので、是非続きをご覧ください!

 

焙煎場所を決める

福井県のHPを見てみると、
コーヒー豆の焙煎と販売をする上で必要な申請は、
営業届出という記載があります。

(引用元:福井県HP

営業届出の場合、
施設要求がないことが読み取れます。

ということは、
「どこで焙煎しようが、自由ではないかー!」
と思いがちですが、
法改正により、全ての食品を扱う事業者は、HACCPに沿った管理をしていくことが
前提となってしまったので、コーヒー豆を販売する事業者についても、
HACCPの縛りを受けることになります。

当時はキッチンで焙煎していたので、その状況を保健所に伝えたところ、
「好ましくない。」
との回答がありました。。。

HACCPに沿った管理をしようとするのであれば、
居住空間とは切り離す必要があります。

現に保健所の方からもそう言われてしまいました。

なのでキッチンは難しいと判断し、
ぼくの場合は焙煎小屋を家の庭に立てました。

めちゃくちゃお金かかるので、
家に部屋が複数ある場合は、一部屋専用として使えば十分かと思います。

失敗するとまあまあのお金が無駄になるので、
色々動きだす前に、一度管轄の保健所に確認することをおすすめします。

 

食品衛生責任者講習受講

食品を販売する事業所に1人は食品衛生責任者を立てる必要があり、
コーヒー豆の販売においても同様です。

食品衛生責任者になるには、
講習を受けて、最後にあるテストに合格すれば、
晴れて食品衛生責任者として申請できます。

なにも難しいことはなく、受ければほぼ100%取れます。

ただ、需要が高いのか、予約がすぐに埋まってしまいます。

地域によっては、eラーニング化されており、
家でパソコンやスマホから受講することができます。

しかも、講習であれば、丸一日つきっきりにならざるを得ないですが、
eラーニングは、数日に分けて受講することもできますので、
休みが取りずらい方でも、隙間時間で受講することができます。

みなさんが住んでいる地域のHPをご確認いただき、
eラーニングを受けられない場合は、早めに申し込むようにしましょう。

 

営業届出

営業届出は、国のサイトから申請ができます。


(引用元:厚生労働省HP

紙で保健所に届け出るのもいいですが、
ぼくは引きこもり気質なので、この電子化は最高に嬉しかったです。

特に副業で始めようとしている方で有れば、
土日しか時間が取れない方も多いと思いますが、保健所は土日休みなので、
休暇をとって出しに行く必要があります。

忙しくて休暇が取れなかったり、
ほかの用事があったりと、そうこうしているうちに1ヶ月なんてすぐに経ちます。

今すぐできる電子申請で、届け出てしまうことをぼくはおすすめします。

申請後、なかなか受理されない場合は、
電話やメールで問い合わせすることをおすすめします。

電子申請になったのが最近だからか、
放置されることがごく稀にあるようで、ぼくも放置された側です、、、

スムーズに販売が始められるように、
適時申請状況は確認するようにしましょう!

申請方法が不安な方は、こちらのnoteを参考に
申請してみてください!!

 

メルカリに登録

申請関係が通れば、後は出品です。

ベイスやストアーズなどで、
今は簡単に自分のオンラインショップを作成できますが、
最初からそれ一本でやっていくことは、あまりおすすめできません。

ベイスやストアーズは、始めたての実績がない状態では
購入されにくい仕組みなので、初めのうちは、メルカリを併用して
使っていくことをお勧めします。

その分、管理が少し大変になりますが、
思っている以上に売れ出すのに時間がかかります。(実体験)

メルカリで有れば、
圧倒的なユーザー数であり、
かつ、実績がなくても、出品後数分は、
おすすめ一覧に表示させることができるので、
実績がない方でも、購入されやすくなります。

もっと詳しく知りたい方は、
こちらの記事を合わせてお読みください。

 

資材の用意

ぼくはコーヒー豆を、
クリックポストという日本郵便のサービスを使って
購入者さんに届けています。

クリックポストは、サイズは限定されるものの、
郵便ポストから発送することができ、かつ送料も安いので、
かなりおすすめです。

コーヒー豆は、単価が安いので、
なるべく送料を安くする必要があり、
かなり多くの方がクリックポストを同じように利用しているようです。

実際に販売している方で、コーヒー豆を200g単位で販売している方が
多いのにお気づきでしょうか?

それは、クリックポスト一回で送れる限界が400g程度だからです。
(どうあがいても500gは入れられませんでした、、、)

コーヒー豆をそのまま送るわけにはいかないので、
ぼくが使っているパッケージや梱包材をご紹介します。

パッケージ

(引用元:ニコノス

焙煎したコーヒー豆は、ガスを発生するので、
完璧に密封された袋だと、お客さんのところに届く頃には、
袋がパンパンになっています。
実際にぼくは何回かやらかしたことがあります。。。

このニコノスのパッケージは、ガスを逃す仕組みになっており、
ガスが発生したとしても、膨らむことがないので、
安心して発送することができます。

また、普通のプリンターでロゴなどをプリントできるので、
お手軽に自分色のパッケージにすることができます。

ぼくはこんな感じにしてます。

 

発送用封筒

ぼくが発送用の梱包として使っているのが、
アリアケの宅配ビニール袋です。

200g〜400g用

 

100g〜200g用

 

段ボールで発送している方が多いですが、
極力値段を下げたかったというのと、
ぼくが買う側であれば、毎回段ボールで梱包されてたら、
ダンボールの処理が面倒に感じる可能性もあると思ったので、
防水で丈夫そうなこちらの袋に決めました。

値段も以前実は比較しており、
コスパの面でも、今使っているアリアケの宅配袋がベストだという
結論に至りました。

 

シーラー

上で紹介したパッケージをこのクリップで挟み、
ボタンを押すと、熱でシールしてくれます。

これにより、コーヒー豆を袋に密封することができます。
(正確には、若干空気穴が空いてますが)

コーヒー豆だけでなく、
ポテチの袋を再密封することもできるので、
一家に1台あってもいいのではと思います。

他にもたくさんんシーラーがありますが、
コーヒー豆を200gずつ袋に入れて封をするのであれば、
これが今のところ一番使いやすいです。

使いやすい割に価格もそこまで高くないのが魅力的です。

 

 

これだけあれば、コーヒー豆を発送することが可能です。

時々コーヒー豆を粉にする依頼も受けますが、
通常のミルでは時間がかかるので、ぼくはみるっこという
半業務用のようミルを使っています。

全然スピードが違って驚きました。

 

2年でこんな感じ

そんな感じで2年間やってきた結果、
コーヒー豆だけで月に9万円を売り上げることが出来ました。

もちろん、まだまだ売り上げに波があるので、
これをいかに平準化していくかが今後の課題です。

毎月売り上げをこちらのnoteで公開しておりますので、
副業焙煎士の売り上げが気になる方ぜひご覧ください!

有料ですが、
一度購入いただくことで、
更新した情報も永久的に無料で読むことができます。

 

まとめ

ということで、今回の記事では、
「コーヒー豆販売の始め方」
について書いてきました。

漠然と考えているとなかなか前に進めませんが、
ワンステップごとにこなしていけば、案外簡単です。

まずは焙煎スペースの検討から進めましょう。

 

今回の記事がみなさんの焙煎士生活スタートの
一助となれば幸いです。

ではまた。

 

↓メルマガ登録でお得にコーヒー豆を購入可能↓

↓メルカリshopsもやってます↓

↓ミンネ使っているおしゃれな人と繋がりたい↓

 

↓副業の売上はこちらで公開中↓

コメント